早期教育で子どもの何が変わるの?

敷居の低い早期教育

早期教育のイメージと現実の乖離

早期教育は英才教育と似ています。
どちらもなんだかとっつきにくく、別世界の話に聞こえますよね。
早期教育は時期に重点を置くのに対し、英才教育は質といえばわかりやすいでしょうか。
早期教育は、早くから教育を受けることで、子供の持つ可能性を広げたり、得意分野を伸ばしてやることができます。
英才教育は、質の高い教育を受ければ、その子自身が優秀な人材になりえる、という理論はすでにありますよね。
この二つ、実際に行われている線引きは曖昧で、「子供に優秀な教育を受けさせる」ということが根本にあります。
今はその両方の恩恵を受けられるように、早くから優れた教育を受けさせるのが基本でしょう。
それでは、具体的には何をやるのでしょうか。
科学的に良いとされているアプローチで脳を刺激し、その能力を高めるプログラムを組んであるところが多いですが、音楽や絵画などの芸術系、運動系といった様々な分野を網羅しています。
では、そういうプログラムを組んだお稽古に通うことが必須なのかというと、必ずしもそうではないようです。
今は幼児期に習い事をする子供は多く、ピアノやスイミング、サッカーなどいろいろあります。
これには、ある程度自分で判断できるようになった幼児が、やるかやらないかを決める場合もあるため、定義は難しいですが、「何かを早い段階で始める」という点では、早期教育の一部という見方もできます。
これなら、身近に感じるのではないでしょうか。
その効果については、はっきりとしていないところも多いのですが、確実に効果を実感する例もあるようです。
一方で、親が熱心になりすぎて肝心の子供を置き去りにしてしまい、子供のストレスになることもあります。

そんな早期教育の基本と、メリットデメリットをまとめてみました。

TOPへ戻る