敷居の低い早期教育

何事にもメリットとデメリットはある

早期教育のメリット

早期教育のメリットは、子供の優れた才能を早く見つけて、それを開花させてあげる手段を早くから講じることができることです。
例えばバイオリンなどは、はじめた年齢が早ければ、その分身につくと言われていますすし、幼少期に二か国語以上の言語を習得していると、それ以上の言語を身につけることはたやすくなる、と言われています。
早いに越したことはない、ということですね。
また、子供にとってもまだ脳が柔軟な頃に覚えたことは忘れないため、その後の生き方に有利に働く経験ができる、という点。
それだけではなく、習い事として早期教育を取り入れる家庭が多いので、お友達がたくさんできる、家庭以外の環境を経験できるといった利点もあります。
いずれも豊かに人生を歩んでもらう、周りの期待が込められた教育のスタイルです。

早期教育のデメリット

あまりなさそうなデメリットですが、取り組み方次第ではあるようです。
まず、必ずしも効果があるとは限らない、ということ。
あらかじめ効果を期待して、あらゆる教育を受けさせてみても、本人に変化や上達が見られないことがあります。
また、幼少期には効果が見られても、中学生以降は早期教育を受けた子供とそうでない子供の差は見られなくなる、といった見解があります。
それから、関連性ははっきりしていませんが、小学校に上がってから、授業に集中できなくなる、問題行動を起こす、などといった報告もあるようです。
一概に早期教育が原因とは言えないですが、弊害があり問題である、という意見もあるようです。
取り扱い方で良くも悪くも作用するようですが、科学的に証明されているわけではなく、その効果は曖昧である、というのが現状でしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る