敷居の低い早期教育

無視できない費用面と親子の関係

やっぱりかかる、費用

義務教育は小学校からですので、それ以前に教育を考えると当然お金がかかります。
早く始めれば、それだけ出費もかさみます。
特に早期教育は学習面、芸術・運動と多岐にわたるため、それぞれきちんとした環境で教育をと考えると莫大な費用になることは想像に難くないはずです。
また、近くに良いお教室があるとは限らないので、場合によっては遠方まで通ったりといった、経費も別にかかります。
こういった教育に熱心なのは、ある程度経済的に余裕があるご家庭が多いのではないでしょうか。
本格的に取り組む場合、有名私立小学校受験やその後も見据えている場合が多いので、必然的な結果であると思います。
みんなが平等に教育を受けることができる環境が、理想なんですけれどね。

本当に子供の事を想って

子供が自分の意思を持つ前にいろいろなことを始めるのは、その後の子供の様子や進んでいく方向に気を配る必要があります。
やることが多すぎて、子供のキャパシティを超えていると問題ですし、親が押し付けてはいけないことは、これまで幾度となく話題になっていることです。
子供が意思を持ち始める幼児期に、自分の思いとは関係ない習い事を「させられている」と感じることは、ただでさえストレスです。
子供より親のほうが熱心になってしまい、周りが見えなくなると、子供も「辞めたい」といえなくなってしまい、悪循環です。
こうなると、親子関係もいいとは言えませんよね。
楽しいと感じられるか、そうなるように工夫することも大切。
親も子供も楽しく伸びることができるのが、早期教育の本当の姿だと思います。
子供の事を想うなら、どうすべきか。
その答えは親御さん自身が持っているのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る